生徒に嫌な思いをさせない

先ほどのページでは、家庭教師のアルバイトをする上で最も大事なことのひとつである生徒との関係を良好にするために大事なことについて説明をしました。では、逆にどういったことをしてしまうと、家庭教師のアルバイトで生徒に嫌な思いをさせ、関係を悪化させてしまうのでしょうか。悪い例を知っていれば、気をつけることが出来ます。自分に当てはまっていないかを含めて、しっかりと確認をしておきましょう。
生徒が家庭教師のアルバイトに対して嫌な思いを抱く原因の中に、暗いというものがあります。受験勉強は精神的なストレスにもなります。生徒も大変な思いをしています。そんなときに、家庭教師が暗くては余計に気持ちが沈んでしまいます。生徒を盛り立てるためにも、家庭教師は明るい雰囲気でいることが必要でしょう。そうすれば、自然と二人の雰囲気も良くなるはずです。
次に生徒に嫌われる原因となるのが、質問に答えることが出来ないということです。生徒にとって家庭教師は頼りになる存在でないといけません。ですから、質問にはしっかりと答えられる準備は必要でしょう。苦手な分野については、予習をしておくなどの努力も必要となります。
最後は、生徒の話を聞かないというものです。自分が一方的に教えるだけで、質問を受け付けないというスタンスでは、生徒から信頼を得ることは出来ません。必ず、生徒の話を聞く時間を取ってあげることが大事でしょう。ときには、勉強以外のコミュニケーションも取るようにしましょう。
家庭教師のアルバイトをしている方で、以上のようなことに心当たりのある方は改める必要があるでしょう。これからアルバイトを始めるという方も事前に確認しておきましょう。